園のこと


大事にしている考え方

みんな神さまのこども 

子どもたちは、神さまが人間一人ひとりを大切にしてくださっていることを知り、神さまの導きに信頼しながら共に学んでいます。そこから生まれた互いを大切に思う心と、たくさんの人との温かい関わりを通して、『心をはぐくむ教育』『豊かな感性をつちかう教育』『やってみたい気持ちを大切にする教育』を行います。

教育目標

 子どもたちが生き生きと遊ぶことができる環境を整え、そこから生きる力を身につけてゆく教育をしています。「おいのり・しんせつ・がまん」に励み、明るく・賢く・たくましい子どもをはぐくみます。実際に見て触って聞く体験を通して五感をたくさん使う活動をすることで、心と身体の健やかな成長を導いていきます。

基本的生活習慣
神に創られ愛されている人間として、心身の調和的発達を図りながら、日常生活の基本的生活習慣を身につける。

自発的に行動
集団生活の諸体験の中で、神と人とを愛する心、信頼する心を養い、それを自発的に行動で表せるように導く。

物を大切にする
身近の自然の事象が神のみわざであることを知り、その恵みに感謝し、すべての物を大切にする心を育てる。

意思を示すことば
人々との関わりや祈りによる神との語らいの中で意思を示すことばの『聞く・話す・考える力』を養う。

楽しんで表現活動
一人ひとりが、神様から与えられた力を充分に発揮し、楽しんで表現活動に参加できるように導く。

善を行う強い意志
神の恵みに導かれながら、自発的に善を行う強い意志が芽生えるように導く。

園の特色

野外活動

園庭はもちろん、通園バスに乗って公園や動物園などへ出かけ、自然と触れ合う機会をたくさん設けています。野外の活動は、心と体づくりの絶好の場となります。 

クッキング

クラスごとに野菜を育て、育てた野菜で料理をしたり、季節の野菜やお魚を味わったりなど、楽しいクッキングをします。自分で料理をすると苦手なものも美味しくなるようです。 

体操教室

月に数回、体操の先生と一緒に運動をします。ドッチボールや縄跳び、跳び箱など、いろいろな運動に取り組み、自然と体幹も鍛えられています。 

神さまのお話し

子どもたちが、カトリック教会の神父から神さまのお話を聞く時間があります。宗教教育は、人格形成の大切は時に子どもなりに自分を見つめる時間を作り、優しい心、強い心、広い心をはぐくみます。12月にはクリスマスをお祝いして、感謝や喜びの気持ちをより一層深めます。 

園舎について

外観

ホール

 

保育室

 

園庭

絵本コーナー

木のお家